インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

15号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【小田商會株式会社】
何をやってる会社?電車のリフォーム会社です!

「よそには負けない!」が団結と技術力を生む

小田 最初は父が裸一貫で会社を始めました。現場で真っ黒になるまで働いて、その姿から信用を得て、少しずつ仕事を広げていったらしいです。
藤波 その信用の積み重ねが、JRからの厚い信頼に繋がっているんだね。
小田 車輌についての全般―検査、修繕、改造、解体、内装、床の張替えやアスベスト撤去など、本当にありとあらゆることをしています。
藤波 できないこともあるでしょ。
小田 ないです。何としてもやります。田舎の小さな会社ですが、大企業が納得できる実現力が、うちにはあります。よそには負けない団結力と強い気持ちで取り組んでいます。
藤波 素晴らしいね!
小田 そして技術力です。個々の技術者がいくつもの仕事を兼任でき、どこの工場へ行っても大丈夫なシステムを組んでいます。
藤波 技術者さんは、みんな好印象だよね。
小田 スポーツで鍛えた人を中心に採用してきましたから、仕事は一生懸命ですし、気持ちが強いんですよ。
藤波 みんな、挨拶が気持ち良い。
小田 ありがとうございます。よくほめていただきます。私が社長を継ぐ前から「とにかく、元気に挨拶」と口を酸っぱく言っていて、それが残っているみたいです。


車輌会社が飲食事業へ 二代目社長のあくなき挑戦

藤波 ここ数年で、新しく事業展開をしているそうですね。
小田 これまでの事業にプラスする形で、6本の柱となる「オダノミクス」を2年前に立ち上げました。
藤波 車輌のプロから、新しく発展しようっていうこと。
小田 はい。これからは飲食事業に進出しようと思って、食品事業部を立ち上げる予定です。
藤波 レストラン?面白そうですね。
小田 具体的に何を出すかは、まだ公表できませんが、楽しみにしていて下さい。
藤波 小田さんの代になって、新しいことが始まろうとしているね。いつ頃からこの構想はあったんですか?
小田 ここ10年くらいでしょうか。ただ、基本的には車輌の関連事業で、ある程度の収益が見込めるところで展開してきました。そういう意味でいうと、レストラン事業はまったく見えない世界です。
藤波 新しい挑戦だね! 休みもないんじゃない。
小田 そうですね(笑)。工場に行ったり、取引先に挨拶に行ったり、新しい提案をJRさんに持っていったり、現状の会社のトラブルの対応をしたり、新しく飲食事業の営業もあって…。
藤波 仕事人間ですね!
小田 仕事の虫なところも、父から受け継いだのかもしれませんね(笑)。


信頼と社員こそが財産 受け継いだ会社を未来へ

藤波 従業員は、全部で60名くらいだよね? これだけの仕事をこの人数で回すのは大変でしょう?
小田 専門性が高いので、安易に人を増やせない業界でもあります。一朝一夕で身につく技術ではありませんから。それに、急激に増やすつもりもないんです。
藤波 管理の問題もあるからね。多ければいいってもんじゃない。
小田 この会社は父が残してくれた宝です。父が早くに亡くなり、兄弟が集まって、みんなで継いだんですよ。
藤波 お父さんからすれば、三兄妹が会社を継いでくれて、喜んでるんじゃないかな。
小田 社員のなかにも、父の代からの大先輩もいますし、そういう人たちが会社のツールを若い人たちに伝えたりして、団結を保ってくれているのがありがたいです。
藤波 今後の展望はどんなものですか?
小田 積み重ねた信頼を崩さず、さらに重ね続けることですね。信頼と社員が大きな財産だと思っています。
藤波 半世紀かけて積み上げたものだもんね。
小田 それと、食品事業の次の柱を考えること。時流を汲み込みながら計画していきます。まだ何をやるかは構想中ですが。
藤波 これからも九州を代表する企業であってください!

 

[ Dragon Point ]

JR九州が運行するクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」。その列車の内装工事から塗装、外観まで手掛けたのも小田商會の大きな業績の一つだ。「ななつ星」は、宿泊込みで安くても一人20万、高ければ120万もするほどの超高級列車。さらに予約も困難で、数ヶ月先まで予約は完全に埋まっている。小田商會の手がけた人気列車を、体験してみてはどうだろうか?


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

小田商會株式会社
代表取締役 小田 裕基
福岡県北九州市小倉北区菜園場2-3-33
TEL. 093-583-3233

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved