インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

16号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【種の学校プロジェクト/ 道後高原ファーム】
未来のために健康な日本の種を植えよう

自然栽培で日本の食を復活

藤波 日本の種を守る活動ということですが。
谷田 日本の農家には、農作業の手間を減らすためと、化学物質を含んだ海外の肥料に耐えるために、遺伝子組み換え種やF1種という特殊な種が出回っています。
藤波 肥料が身体に良くないのですか。
谷田 はい。こういった情報は農家にもほとんど知られていません。私たちは啓蒙の意味も含めて、在来種を取り戻す活動をしています。
藤波 しかし、肥料をやめるとやせ細ってしまうのでは。
谷田 これは、「乾田苗代」と呼ばれる自然栽培で育てたお米です。ボランティアと共に、苗ではなく種から育てました。植物は、水や肥料なしでも、自分の持つ力でたくましく成長します。根は長く伸び、葉や実は虫を寄せ付けません。
藤波 お米というのは、本来はこんなに豊かな味なんだ。
谷田 おいしいでしょ。この『種の学校』に協賛してくれる仲間を求めています。
藤波 自分の田の一部で取り組んでみる、という小さなところからやってみたいです。

 

[ Dragon Point ]

種の学校が育てる農作物は、有識者や著名なシェフからも高い関心が寄せられている。



■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

種の学校プロジェクト/ 道後高原ファーム
理事 谷田 憲也
愛媛県伊予市市場429
TEL. 089-908-4888
http://seed-school.com/

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved