インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

21号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Alegre Artesano(アレグレ アルテサーノ)】
陽気に楽しく板金塗装
納得の品質をお届けする

良い中古車を厳選
キレイにして販売


藤波 懐かしいなぁ。昔は私も板金職人だったの。こちらはどういった車を扱っていますか。
豊田 当社は「オコシ」といって、事故によって損傷を負った車を、板金塗装でキレイに再生して販売しています。事故車というと「直しても、不完全では…」というイメージもあり、敬遠されがちです。しかし、当社は徹底した検査で、修理状態を確認します。
藤波 中古車よりもリーズナブルなんだよね。
豊田 モノによりますが、長年乗車した中古車よりも、わずかしか乗っていない事故車の方が、よく走ります。当店では、どこが壊れていたかなどの情報を丁寧にお伝えし、修理後の事故車(中古車)の安全を知ってもらうことに力を入れています。 
藤波 一風変わった社名の由来は。
豊田 『Alegre Artesano(アレグレ アルテサーノ)』という名前は、スペイン語で陽気な職人≠ニいう意味なんです。厳しい労働環境や上下関係などで暗いイメージのある業界だからこそ、笑顔で仕事をしよう、と名付けました。お客さまにも笑顔になっていただきたいので、長く乗っていただけるいい車を納品したいです。
藤波 譲れないところは。
豊田 品質です。安くしようと思えばいくらでも安く買えますが、当社の商品として納品するには、私なりにここまでのレベルは保ちたいと考える『車輛の美しさ』や『部品の状態』、『走行距離』があります。お客さまに10万円とゴリ押されても、「もう20万だけ出してください、損はさせないから」とお願いすることもあります。
藤波 それは大切ですよ。そこが信頼につながりますからね!

 

[ Dragon Point ]
職人たちの笑顔からはモノを大切にしたいという思いが伝わってきた!にこにこ作業して、お客さまも笑ってしまう。そんなアレグレ アルテサーノの工場でした!!


[ Column ]
幼いころからモーターが好きで、二輪車にはまったこともある豊田さん。きちんと再生すれば、事故車も快適に走ることを立証している。この業界を盛り上げていきたいという思いには、車やエンジンといった生まれてきたモノへの深い愛情が根本にある。車に気持ちがあるなら「ここでよみがえってしあわせ」と笑っているかもしれない。ご希望の車種があればお気軽にお問合せください。

Alegre Artesano(アレグレ アルテサーノ)
専務 豊田 博基

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

広島県山県郡北広島町橋山1156
TEL.0826-35-1041

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved