インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

21号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【株式会社かなまる/賃貸・売買のクラスモ 四条河原町店】
京都で、親身にお世話して
安心の物件を探し出します

お部屋探しを諦めない
見つかるまで面倒みます


 名前が加奈子。友人たちが「かなまる」と呼ぶから、株式会社かなまるになった。破れたデニムにブーツ、肩を出したトップスと一見不動産屋に見えないファッション。

 かなまるさんの人生は苦労の連続だった。子供が3歳の時に離婚し、夜の仕事をしながら転居先も、就職先も探した。学歴もない、経歴もないシングルマザーの採用は立て続けに断られ、最後の不動産屋に就職を頼み込んだ。休みの日はレンタカーで走り回って、複雑な路地を覚えた。お客さまを前にして、必死だった。気づけば、3カ月でトップの営業成績を残した。

 仕事に没頭していると、保育所に預けっぱなしにしていた子供が精神に変調をきたした。後悔の中で、もっと福利厚生の整った職場に移った。そこでも、7年連続でトップの成績を維持した。かなまるさんの成績を支えたお客さまは、事情を抱えた人が多かった。夜の仕事をする女性や、保証人がいなくて家が探せない人たち。弱い立場にいる人の気持ちをかなまるさんはよく分かった。大家さんに会いにいき、「何かあれば私が引き受けますから、お願いします」と直に掛け合った。かなまるさんの覚悟に、家主も次第に信頼を寄せていった。

 そんな姿が話題になり、テレビへの出演が決まった。話題性づくりのために、不動産らしくないスタイルを要求され、ラフな格好で画面に映ったかなまるさんを、皆が面白がって会いにきた。
 独立をした時に、決めたことがある。「他店が断るような面倒な仕事を率先してやる」。自分もシングルマザーで家探しに苦労した経験があるからこそ、自分のこと以上に親身になれるのだと感じた。

 

[ Dragon Point ]
不動産屋を選ぶ基準はなんだろう。物件の多さ、仲介手数料…そうではない。物件は誰から紹介してもらうかだ。かなまるさんの姿を見ていて、強く感じ入った。

[ Column ]
かなまるさんは5匹の犬を飼っている。息子さんが成人した時に飼い始めたそうだ。理由は、可愛いからではなく、面倒をみる対象がほしいから。誰もが一目置くかなまるさんの面倒見の良さは、折り紙付き。「人の役に立てることが一番嬉しい」と話す。従業員の面倒見も良いのか、仲が良さそうな職場。ここで物件を探してもらえたら、一生の思い出になりそうだ。

株式会社かなまる/賃貸・売買のクラスモ 四条河原町店
代表取締役 山口 加奈子


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

京都府京都市下京区貞安前之町609
TEL.075-365-1375 FAX.075-365-1376
http://kawaramachi.clasmo.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved