インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

23号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

【有限会社高森有紀音楽事務所】
焼津のためにマイクを握る歌手
阿久悠の未発表楽曲を熱唱

焼津では時報替わり
お茶の応援ソングも!


藤波 焼津から作品を発表するシンガーという立ち位置がユニークですね。
高森(有) 地元から地道に活動して参りました。現在、焼津地域の時報として、「今、潮騒の街へ… 」という曲が、朝7時半と夕方4時半に流れています。これは青葉城恋唄で有名なさとう宗幸さんが、作詞・作曲された楽曲で、数年前にご縁があり、私が地元出身だからということで、歌わせていただくようになりました。
藤波 街の皆が知っているんだ!
高森(千) レパートリーには、茶摘みの楽曲もあるのですよ。サードアルバム「My Letter 〜マイレター」の2曲目に収録された「茶摘」は静岡八十八夜新茶キャンペーンの応援ソングにもなりました。
高森(有) それとは別に、2014年にリリースした「お茶っちゃ」という曲もあるんですよ。
藤波 どんな曲なんですか。
高森(有) お茶っ、お茶っ、お茶っ、とリズム感溢れる楽しい歌です。静岡と言えばやはりお茶ですよね。2009年にも、静岡県茶業会議所緑茶キャンペーンイメージソングとして「グリーン・リーフの雫」という楽曲をリリースしたのですが、こちらは、どちらかというと、大人の方向けの楽曲です。それで、子供たちが踊りながら歌えるような、お茶の歌があればと思い、制作しました。幼稚園とか、保育園で子供たちが楽しそうに歌ってくれます。


あの大家の歌詞が
高森さんの声で聴ける


藤波 日本が誇る大作詞家・阿久悠さんの楽曲を歌われているそうですね。
高森(千) プロデューサーが阿久悠さんにご縁がありまして、歌わせていただけることになりました。
高森(有) 韻を踏んでいて完璧な歌詞がたくさん。光栄です。
藤波 ジャンルは演歌ですか。
高森(有) いえ、日本らしい歌と言いますか、それほどこぶしをまわすようなスタイルではなく、美しい日本の風景を歌っています。もともと音大の出身で、日本の心などを歌っていたのですが、ご縁あって様々なスタイルの歌謡曲を歌うようになりました。
藤波 地元にはどういったファンの方が多いのですか。
高森(千) 同じ地域の皆さんに共感して、応援をいただいております。焼津の商店街でも、歌入りの楽曲を流していただいているのですよ。
高森(有) 昔から応援してくださる同世代のお客様が多いです。
藤波 現在は、どのような活動をなさっているのですか。
高森(有) ほとんどコンサートが中心です。先日は、秋川雅史さんを招いて一緒に歌いました。他、浜松、静岡などのカルチャースクール4カ所で、皆さんと一緒に歌う仕事をしています。また、FM-Hi!でのパーソナリティも務めています。
藤波 まさに地元密着ですね!


焼津の癒しの声は
ボランティア活動から


藤波 活動はどのように始まったのですか。
高森(千) 最初は完全なボランティアで。平成7年から「有歌の会」という歌を聞かせるイベント開催など、焼津で皆様に和んでいただく活動を地道に行ってきました。
藤波 それが下積み活動になったので
すね。
高森(有) 私は昔から、歌手を夢見ていました。東京の音大の道へ進みましたが、都会で10年やっても、音楽で生計を立てていくことは難しく、地元に帰ってきました。偶然、気にかけてくださった人が、こっちで童謡を歌ってみないかと・・・。
藤波 ご縁があったのですね。
高森(千) ボランティアで歌手活動を続けていると、応援してくださる方が徐々に増えました。それで、平成22年11月に改めてオフィシャルファンクラブ「パオくらぶ」を発会し、現在に至ります。事務所に入って活動する今でも、そういった皆様が支えてくれますので、下積み期間は高森有紀の財産です。
藤波 リスナーに心がけていることは。
高森(有) 「対話をすること」です。お客様の中には私の歌を初めて聞く人から、リピーターまで様々です。バランスを大切にするよう、いつも考えています。
藤波 これからの目標は。
高森(有) 歌は目に見えないものだからこそ、聞いてすぐ「あれは高森さんの世界ですね」と言っていただけるように、しっかりと世界観を作りたいです。
藤波 がんばってください。

 

[ 高森有紀プロフィール ]

幅広い年齢層に美しい日本の心を届けるライブ活動を開催し、昔話を取り上げたお話コンサートも積極的に開催
◆国立音楽大学 声楽科 卒業
◆2006年〜2009年4月まで
 ラジオレギュラ一番組、SBSラジオ「高森有紀のあなたとティータイム」担当
 毎週日曜日AM11:30〜AM11:45
◆2012年6月〜2017年3月まで
 SBSラジオ毎月第2木曜日(15:15〜15:30)
 『GOGOワイドW テツのらぶらじ』内「高森有紀のほっこりタイム」コーナー担当
◆現在、SBS学苑4校にて「抒情歌を歌う」「ボイストレーニング」講師
◆2015年7月からFM−Hi!
 毎月第2・第4日曜日(9:00〜9:30)「高森有紀のにっぽんの歌」担当 
◆ FMー島田 毎週日曜日(13:00 〜 13:30)「高森有紀のにっぽんの歌」担当 
◆ 2016年7月20日
 コロムビアレコードよりCDシングル「雨音I'm missing you…−」発売


[ Column ]

高森さんの後援会会長を長く務めているのは、地域で医療に貢献するドクター。高森さんのCDを聞くと患者さんの体調が改善することに気付いたドクターは、「アルファー波が出ている!焼津のエアリーボイスだ」と感じ入り、支援を申し出た。歌声だけでなく、諦めずに歌い続けた高森さんの生き方そのものが、世代を超えて、焼津地域のパワーになっている。


[ Dragon Point ]

故・阿久悠氏の未発表作を歌い上げた楽曲は、コロムビアレコードより発売中!『夢のまつりのあとで-初秋-』1,300円(税込)。お近くのCDショップやインターネットでも購入可能。


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

有限会社高森有紀音楽事務所
代表取締役 高森 千尋
歌手 高森 有紀
静岡県焼津市保福島218
TEL.054-629-7323 FAX.054-629-7323
http://www.yuki-t.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■ 

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved