インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

27号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

スターレックス
サンダーバードの正規レプリカ!
夢をかたちにする造形作家

完全オーダーメイド
一から手作りします


藤波 坂本さんの職業は何になるのですか。
坂本 私は『造形作家』です。フィギュアの原型やCM撮影用のパペット、メカ、そっくり人形などを、特注で制作することを仕事としています。
藤波 サンダーバードがたくさんありますね。
坂本 2002年に造形作家として仕事を始めた時、まずはネームバリューを出そうと、サンダーバードの版権を申請し、75体を生産販売しました。そこからこの業界で徐々に名前を知っていただけるようになりました。
藤波 他にはどのような作品がありますか。
坂本 色々な有名キャラクターのレプリカ人形を制作しています。一般の方から「そっくり人形」を作ってほしいといったご依頼も受付します。おかげで忙しい毎日を送っています。
藤波 1体を制作するにあたり、どの程度の期間を要するのですか。
坂本 約3カ月かかります。粘土造形に近いイメージですが、材料を決定し、型をとって内側にFRPという特殊な樹脂を塗り、塗料で仕上げます。瞳や髪などもすべて作っています。目は左右に動きますし、唇も動きますよ。
藤波 圧倒されます!

プロレスラーに貿易商
好きを仕事にしたい


藤波 作品はどこで購入できますか。
坂本 主にネット販売です。1体およそ30万円ぐらいからで受注。有名キャラクターの場合は、版権をとって制作します。お客様は「どうしても、このレプリカが欲しい」という50〜60代男性の「ロマンある買い物」が多いです。
藤波 もともと造形作家なのですか。
坂本 実は最初はプロレスラーを目指していたのですよ(笑)。プロレスが好きだったので、メキシコに特派員として行きたいと。でも、試験に落ちましてね。私は語学ができましたので、船会社に就職し、その後に貿易商という職種を知り、適性を感じて転職。のちに貿易商として独立して、仕事をしました。
藤波 造形作家になったきっかけは。
坂本 子どもの頃から粘土造形が好きでしたので、ずっと趣味として造形制作を続けていました。時には、雑誌の付録依頼を受けたりなど、働きながらも趣味の範囲を越えるような活動をしていたのです。円高や震災で貿易商の商売にかげりが出て、引退を決意。その時、一大決心で、次は好きなことを仕事にしてみようかと。
藤波 それが大成功されたわけですね!

思い入れのあるものを
形にするすばらしい仕事


藤波 独学でなさったのですか。
坂本 すべて自分で研究しました。当時は、ビデオの静止画像を見たりしながら工夫を重ね、腕を上げました。今が最高の状態です。
藤波 これからどのような活動を。
坂本 サンダーバードを中心に、様々な制作に挑戦していきたいです。私と同じ世代の方に元気になってほしいので、自分が作品をつくることで夢をかなえられたらと。
藤波 自分のレプリカもユニークですね。
坂本 思い入れのあるものを形にして残せるのはすばらしいことです。時間に追われず、一体一体じっくりと取り組めたらなお良いですね。
藤波 夢を教えてください。
坂本 自分だけのオリジナルキャラクターを作り、それが幅広い方に受け入れられたら作家としては最高でしょうね。
藤波 応援しています!

 

[ Column ]

造形作業をするのは夜。1点ずつ集中しながらすべて手作業で仕上げる。ボディはもちろん、目を左右に動かす細工、唇の細工、髪の毛の加工など繊細な工程は気が抜けない。向上心の強い坂本さんは、常に研究心をもって作品制作に挑んでおり、「今が最高の腕」という状態を常にキープしている。人形からは、まるで生命が宿っているような輝きを感じる。ネットでも作品例を見ることができるので、気になった方はチェックしてみよう。

[ Dragon Point ]

坂本さんの作品はマニアの中でも定評がある。サンダーバードの作家として知名度があり、高い評価を得ている。若い頃にプロレスラーを目指してただけあって、プロレスにも詳しい。私もドラゴン人形を作ってもらいたくなった。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

スターレックス
造形作家 坂本 健二
兵庫県神戸市兵庫区松本通4-3-9
TEL.078-531-1173

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved