インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

27号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ヴァンデミックシステム
サーバー移行にシステム構築
あなたのエンジニアになります

幅広い技術で
小回りの効く対応


藤波 ITエンジニアというと、どういったお仕事内容なのですか。
鯨井 ぼくは技術者として、中小企業のIT分野をサポートする仕事と、チームでのシステム開発・構築をする仕事の二本を柱に働いています。
藤波 中小企業のサポートというと、どんなご依頼が多いのですか。
鯨井 社内システム基盤の構築・運用です。例えば最近は社内サーバーからクラウドへ移行したいという依頼が増えました。HPの一新やドメイン変更、資産の自動管理システム構築など、幅広い困りごとを解決しています。
藤波 中小企業の場合、社内にパソコンが得意な人がいないと困りますよね。
鯨井 はい。ベンチャー企業などはフットワークも軽く、自社のイメージアップのためにも最新ツールを揃えたいと考えるのですが、自社にエンジニアがいないというケースは多いようです。
藤波 WEB構築なども鯨井さんお一人で対応してくれるのですか。
鯨井 作画などが必要な時にはぼくから外注してまとめます。個人ですので、小回りが効き、納期などもフレキシブルに対応。定期保守などの訪問やヒアリングプランもご用意しています。技術者としてできることの幅を実践で増やしていますので、気軽に相談していただければ。
藤波 お人柄がソフトだから、気軽に頼みやすいですよね。
鯨井 技術者として作業する時はリーダーの指示のもと、兵士のように働けるタイプです(笑)。中小企業サポートをしている経験から、経営者の立場が分かりますので、相応しい立ち振る舞いについては、常に意識しています。
藤波 将来の構想は。
鯨井 今はプレイヤーが活動の中心ですが、いずれ労働集約型のサービスに力を入れたいですね。あと、個人的な夢ですが実店舗を持って夜間営業のコワーキングスペースを作りたいです。
藤波 応援しています!

 

[ Column ]

鯨井さんのHPは黒壁紙に赤文字、本人がドラキュラに扮して説明!?真面目で謙虚なご本人のイメージとあまりに離れているために、伺ってみたところ…「これぐらい尖っていた方が覚えやすいかと。一人社長ですし、せっかくだから好きなことを全部詰め込んでみました」とチャーミングな笑顔。つまりはドラキュラがこの上なくお好きなようです。「優秀な人の考えることは面白いなぁ」と呟く藤波辰爾。話すと好きになってしまう個性派社長です。

[ Dragon Point ]

勉強家だし、非常にお人柄が良いですよね。オフィスのソフトはどれを入れるか…、コミュニケーションツールは何にするか…データはどこに保管するか…ちょっとしたPC周辺のこと、相談に乗ってもらいたいなぁ…。 

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社ヴァンデミックシステム
代表取締役CEO・システムエンジニア 鯨井 雄太
東京都足立区千住4-16-2
TEL.080-4712-7194
E-mail.y-kujirai@vandemicsystem.blaok
https://vamdemicsystem.black

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved