インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

28号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

馬渕技研
小銭を金種に分けて収納
持ち運べるアイデア財布!

これがほしかった!
便利すぎてやみつき


藤波 これはコインケース…つまり、小銭入れですか?
馬渕 これは携帯できるコインホルダーで『コインホーム』と言います。1
円、5円とお金を種類ごとに分けて、このようにストックできるのです。スッと入って、片手で確実にサッと小銭を1枚ずつ出せるアイテム。カバンに入れても、ポケットに入れて振っても、小銭が抜けない不思議な構造です。
藤波 売れていると聞きました。
馬渕 これは一度使うと便利すぎて、やみつきになってしまうようです。ご年配の方もレジで小銭をサッと取り出せますし、目の不自由な方もコインの溝で、これが50円玉か100円玉か分かるすぐれモノです。
藤波 一体どういう仕組みなのですか。
馬渕 今は亡き持田さんという方が当社にアイデアを持ち込まれ、開発依頼をされたのです。この中にはシリコンゴムが入っていますが、そのアイデアを出されたのも持田さんでした。この製品は開発してから3年という長い間、実際に何人かが持ち歩いて使いました。不具合を確かめたり、より便利にする改良をしたのです。
藤波 馬渕さんはこういった開発を手掛けるお仕事なのですか。
馬渕 私にとって研究・開発は趣味。要は大好きなんです。先月も、千個の注文が入りましたが、すべて自分一人で組み立てて、納品しています。
藤波 え!これをすべておひとりで。
馬渕 商品を大量生産して儲けるのではなく、自分の手で工夫もしたいし、楽しみながらコツコツ作っていきたいわけです。
藤波 馬渕さんの夢は何ですか。
馬渕 夢はもう叶っています。商品をたくさんの人が愛用し、リピートしてくださいます。それを仕事にできている私はしあわせです。
藤波 ひとつひとつのコインホルダーに馬渕さんの愛情を感じます。

 

[ Column ]

このコインケースは日本円だけでなく、ユーロコインなどにも応用。『EUROCOIN』として発売されている。新発売の『パスコイン』はコインケースの裏面にカードが2枚収納できる仕組みで電子マネーなども利用可能。カードの取り出しもスルっと楽々。ご購入はインターネットで。多くの愛用者が動画で便利さをPRしていますよ。

[ Dragon Point ]

ありそうでなかった商品。使ってみると取り出しの気持ちよさがやみつき!馬渕さんがパスコインを1個プレゼントしてくれたのに、思わず人にプレゼントしたくて、「もうひとつください」とお願いしてしまった。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

馬渕技研
代表取締役 馬渕 平道
東京都葛飾区堀切7-22-8-102
TEL.03-5680-2251
https://mabuti-coin.jimdofree.com

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved