インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

29号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社鈴剛
高速セルフシュレッダーで
リサイクル循環を加速

紙問屋3代目の
ユニークな取り組み


 お客様が、自分で機密書類を処理する「セルフシュレッダー」。2、000枚の紙を約2分で処理することができ、オフィス用シュレッダー機で平均1時間かかる作業が、ここに来るとわずか数分で完了すると好評だ。このサービスを始めたのは、古紙会社である鈴剛3代目の鈴木社長。
 「お客様は、不要な紙を時短処理すると同時に、リサイクルで環境への貢献を実感していただけます。弊社は手間をかけずにリサイクル材料を仕入れることができ、両得です」。
 富士市は「紙の町」と呼ばれ、古紙リサイクル業が多く、トイレットペーパーなどは全国シェア30%を占める。鈴木社長は、東京の半導体メーカーで働いていた経験を持ち、視点を変えて家業を分析した。「新しい取り組みをすることで、人が流れ、会社が外に開かれていきます」とガラス張りの風土を目指す。富士市の代表する社長のひとりとして、業界に刺激を与えることになりそうだ。



 

[ Dragon Point ]

従来の古紙リサイクル業務に安住せず、ユニークなアイデアを生み出した鈴木社長。これから同社を訪れる人はもっと増え、様々なビジネスが生まれる未来が予想できるね。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

株式会社鈴剛
代表取締役 鈴木 滋敏
静岡県富士市元町10-1
http://suzugou.jp

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

あなたも本を出してみませんか?

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved