インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

30号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉ホルモン誠
極上黒毛和牛を気軽に!
地域の雇用を生む焼肉店

鮮度抜群だからイケる
リーズナブルに旨く


藤波 旨い!やっぱりお肉最高!
白江 黒毛和牛のA4ランクを使用した、厚切りのロースとカルビ、タン―オススメの3種「厚切り盛り」になります。当店は、食べ応え満点のメニューをリーズナブルにお届けする焼肉店です。
藤波 タレも上品でいいね。
白江 タレはゼロから各地の醤油などを取り寄せて研究したものです。
藤波 どうして焼肉店を。
白江 ただ、焼肉が好きだったんです。私の実家は自営業で、漠然と「いつか自分も社長になるんだろうな」と…。これまでBARやラーメン屋、洋服店まで色々勤めてきましたが、2年前にBARをオープンさせ、この春、好きだった焼肉の店を作りました。サラリーマン時代は、おいしいものを食べたくても、お金はなかったのでつらかった…。安くておいしいものはないかと(笑)。
藤波 コロナの影響はありましたか。
白江 ありましたが、私は自分のポリシーで営業を続けました。そして、コロナが原因で仕事を失った人たちから希望者を全部雇いました。働きたい気持ちが嬉しいし、社長として地域の雇用を生むという大きな夢がありました。
藤波 スタッフが多いと大変でしょう。
白江 私は性格的にキッチリとしており、店内をキレイに清掃したいタイプ。さらに、スピーディーな提供や気づき、お声がけ、お一人様の話し相手になる、といったサービスをしっかり求めるので、スタッフは多めに入ってもらいます。
藤波 そういったところもファンを増やす理由でしょうね。将来の夢は。
白江 30歳になるまでにあと4店舗を展開し、将来は高齢者用ホームとスーパーマーケット、幼稚園が一体になった空間を作りたいです。高齢者と子供たちはお互いに触れ合え、両親は買い物できて便利、そういう空間づくりが夢です。また、美容系の仕事も展開していきたいと思っています。
藤波 白江さんの将来が楽しみです。

 

[ Column ]

スタッフは、なんと白江さんが、知り合いに声をかけたり、SNSで募集したところ集まってきたメンバーたち。コロナで職がなくなったという人を誰一人断ることなく、全員採用を決めた。白江さんの夢は、経営者として、地域の雇用を作っていくこと。ちなみに、隣には白江さんが2年前につくったBAR「BOSS」がある。今後は鉄板焼店や、すき焼き店、てんぷら屋の出店に挑戦したいそう。

[ Dragon Point ]

好奇心が旺盛で、経営に意欲的。若干27歳の若社長の将来が楽しみだ!10年後、ここ小松市を訪ねてみたい。一体どんな空間が誕生しているだろうか!

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

焼肉ホルモン誠
オーナー 白江 誠一郎
石川県小松市大和町1-1 2F

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved