インタビューマガジン『B.S.TIMES』。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。

インタビューマガジン『B.S.TIMES』

お問合せ

30号紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

保護猫Cafeあすなろ
明石の皆さんと考える
猫と人の居場所について

オーガニック食と
命に向き合うカフェ


 兵庫県明石市にある「保護猫カフェあすなろ」は、オーガニックメニューがおいしい。地産地消の野菜をつかった日替わりランチやスパイシーシーフードカレーが人気だ。一方でここはいのち≠竦カき方について向き合う場所でもある。
 「犬や猫を捨てたり虐待するのは犯罪。このことだけは訴えたいんです」と声を大きくするのは、カフェのオーナーで「一般社団法人あすなろ共生会」理事長の新田さん。
 ある日、「野良の子猫たちを保健所に送りました」と記された回覧板を手に憤りを覚えた。「見て見ぬふりをする大人にはなりたくない。自分が行動しなければ…」と、子猫たちの里親を探し歩いた。自治会を説得して、のら猫を地域猫にしてもらった。
 さらに、新田さんは、病気やケガで社会の居場所を失った猫たちのホームを作ろうと、シェルター活動を始めた。助けてくれるボランティアやドクターがたくさん現れ、明石の行政サポートなども利用しながら展開したが、直面したのは資金難だった。お金が足りない…、あまりに思い悩んでいた新田さんを見かねたのは夫。資金を得るためのカフェ設立に協力してくれた。あなたも、カフェあすなろで命について考えてみませんか。

 

[ Dragon Point ]

将来は高齢者の孤食をなくす「大人食堂」として、カフェを活用したいと話してくれた新田さん。こういう人がいるからこそ、より良い社会になるのだと、頭が下がった。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

保護猫Cafeあすなろ
理事長 新田 彩貴
兵庫県明石市西新町2-16-8
https://ameblo.jp/gab-jiji-daisuki

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

 

一覧に戻る

  • 広告募集
  • 設置場所はこちら
  • サポーター会員募集

左メニュー

  • インタビューマガジン『B.S.TIMES』ホーム
  • コンセプト
  • イベント紹介
  • 誌面紹介
  • 運営団体
  • お問い合わせ

左メニュー

Bridge Station|クラウドファンディング

異業種交流会パートナーシップPlus

代表 仲井美和ブログへ

ページのtopへ

Copyright B.S.TIMES. All Rights Reserved